様々な職業

花をもつ花嫁

我が国では、かつては神前式や仏前式を行う人がほとんどで、自宅で行う人前式も多かったです。
しかし、海外の文化が浸透するにつれ、ウェディングドレスを着て結婚式をしたいと言う人が増えました。
その結果、教会で挙式する人が増加していったのです。
一時期は、神前式や仏前式を行う人がかなり減少し、ウェディングドレスを着て行う教会式が台頭しました。
最近では、ウェディングドレスは着るものの、教会やホテルや結婚式場以外の場所で挙式する人がたくさんいます。
レストランウェディングやハウスウェディングは認知度が高く、クルーズウェディングやリゾート地での挙式も人気が高まってきています。
水族館などの変わった場所で式を行う人もいます。

変わった場所での結婚式が、ポピュラーになっていくだろうと言われていますが、一方で昔ながらの伝統的な結婚式を行う人が増えてくると考えられます。
実際、神前式を行う人の数は徐々に増えてきており、一時期は神前式を行う人が7パーセント程度にまで減少していましたが、ここ最近は15パーセント前後にまで増加しており、今後もこの流れが続くと見られています。
しかし、最近増えてきた神前式は、本当に昔のように伝統に則って行うのではなく、現代風に少しアレンジがされていると言われています。
定番の白無垢も人気はありますが、色打掛の華やかなデザインが目をひくと言うことで、白無垢よりも色打掛で式を行う人が増えていくと予想できます。

PAGE TOP