結婚したい

花をもつ花嫁

かつてはハデ婚と言った、絢爛豪華な結婚式を行う人がたくさんいました。
しかし、現在ではだんだん結婚式にお金をかけなくなってきています。
結婚式にたくさんのお金を使うよりも、新生活のためにお金を使いたいと言う人が人が増えたからと言われています。
式にかかるお金を節約はしたいが、ウェディングドレスは着たいと言う新婦は多いです。
そう言う場合は、貸衣装を利用すると費用が抑えられると言うメリットがあります。
オーソドックスなドレスはもちろん、デザイナーものや個性的なものまで幅広く揃えられています。
式場によっては提携している貸衣装店を利用することで、リース代を割引きしてくれるサービスを行っているところもあります。

最近の結婚式の3割程度を占めるのが、マタニティウェディングです。
一昔前は、お腹が目立つ前に親が急いで式を挙げさせる傾向がありましたが、現在ではマタニティウェディングは、市民権を得ていると言われています。
順番はどうであれ子供を授かると言うことは、おめでたいことと言う意識が浸透しています。
マタニティウェディングが増加してきたことによって、貸衣装店ではマタニティ対応のドレスも豊富に揃えられるようになりました。
最初の頃は、いかにもマタニティに見えるデザインのものが多かったですが、最近ではおしゃれで体に負担がかからないドレスが当たり前になっています。
ちなみにお腹が目立たないと言うことで、Aラインのドレスが人気です。

PAGE TOP