公務員女性

花をもつ花嫁

結婚式には当然のことながらお金がかかります。
しかし、挙式やゲストの料理だけではなく、引き出物やテーブル装花などその種類はじつにさまざまなのです。
親族と別撮りで写真がほしければスタジオ撮影代がかかりますし、ビデやDVDなどにもお金がかかってきます。
写真は友人に頼んで節約するという人もいますが、会場によってはプロしか撮影できない場合もあるので注意が必要です。
また、結婚にかかるお金は結婚式だけではないのです。
結婚指輪や結納品といった婚約関連のお金も必要ですし、新生活に使う最低限の貯金も作っておきましょう。
新婚旅行の費用も大切です。
また、遠方のゲストが多い挙式の場合、ゲストの交通費がかなりの負担になることもあるので頭に入れておきましょう。

挙式と披露宴に実際に使った金額としては、300万円前半がもっとも多いとされています。
しかし、最近ではかなり分散傾向が強まっています。
ゲストハウスやレストラン、海外挙式といったように式場が多彩になっています。
それとともに、豪華な料理やゴージャスな演出など、こだわりにお金をかける傾向が強まっています。
お金をかけるところと節約するところのメリハリをつけるカップルが増えているのです。
また、こだわりにお金をかけるため、少人数での結婚式を挙げたいというカップルも増加しています。
親族だけで挙式をした後、友人を集めて結婚報告パーティーを開くという方法を選ぶ新郎新婦もいるのです。
アットホームな雰囲気でゲストとの距離も近いに定評があることから、小規模化の傾向はしばらく続くでしょう。

PAGE TOP