出会い方

花をもつ花嫁

親族と言えども、普段一同が集う場は冠婚葬祭のような大きなイベントに限られます。
結婚式を挙げる場合は、親族や友人に囲まれて幸せなひと時を過ごすことができますし何よりも大切なのはこれから一生を共に過ごすパートナーを皆様にお披露目する場になります。
普段合うことのない遠い親族も遠路はるばるやってきてくれるおめでたい場になるので、大人としての振る舞いをすることが大切です。
幼少期にお世話になった親族に、大人になった立派な姿を見せる機会にもなるので挨拶は重要になります。
また、お礼となるお返しも一人一人に配慮した物を用意する事で気持ちが伝わるので時間はかかりますが、ゲストに応じたお返しや食事を用意する事で感謝の気持ちを表現する事ができます。

結婚の準備は何かと大変ですが、まだ見ぬ親族のパートナーを知る良い機会になります。
家同士の付き合いが生じるので、どのような親族がいるのか情報を得ることができます。
それまでの人生でパートナーがお世話になった人達ですし、これからも何か困ったことがあるとアドバイスをしてくれる方々です。
結婚式で初めて顔を合わせることになると緊張しますが、良好な関係を築くために配慮をしなければなりません。
親族以外に参列してくださる職場の同僚や友人にも配慮が必要です。
皆がプライベートの時間を割いて出席してくれますし、お祝いも用意してくれます。
特にお祝い金には注意が必要で、誰がいくら支払ってくれたのかをメモしておかなければなりません。

PAGE TOP